駆除の依頼はプロにお任せ~被害の拡大をSTOP~

高齢化に潜む害獣

これからの日本における害獣の予測

extermination

日本の田舎では高齢化が進んでいます。さらに少子化まで重なって人手が足りない状態であるといえます。そのため今までは行われていた里山の管理がずさんになり害獣との距離が縮んでしまいます。従来ならば人の住む場所と動物たちの住む場所は分かたれていました。しかし、今のままでは人間とのすみわけが難しくなりその結果害獣駆除として処分される動物が増えていくと考えられます。人のためにも動物のためにもある程度の境界線の整備が急務であるといえます。環境状態の変化によって多くの動物がその住処を追われ都会へ移動しています。数年前までは見られない動物の目撃情報が増えていることからも移動が行われていることは確実です。そのため、都市部でも害獣駆除の件数が増えると予想されます。

駆除を行う時に注意したほうがいいこと

害獣駆除を行う時には専門の業者に依頼する方法が確実です。害獣に対する知識の乏しい一般人が害獣駆除を行った場合、害獣に逃げられるだけでなく罠などの動きを学習されてしまいより駆除が難しくなってしまいます。それ以外にも多くの害獣は凶暴であり野生の動物にはバイキンがついていたりと危険であるため不用意に近づかないようにしないといけません。害獣駆除を行う時に注意しなければならないこととして、多くの動物が法律によって保護されているということです。害獣だと思い勝手に駆除しようとするとそれは法律違反になってしまうこともあります。そのため駆除の方法も殺処分や捕獲ではなく追い払ったり近づいてこれないように通路をふさぐなどの方法をとる必要があります。